メル友からはじめる、ネットでの出会い、婚活

幸せそうにワインを飲むカップル
公園でデート

基本はメル友から

ネットで相手を探す前に出会い系のことを知りたいならこちらを読んでみてください!

テンプレ文は避ける

携帯電話の普及に従って、ネットでの出会いやネット恋愛の話をよく聞きます。実は今、ネットでの出会いがすごく流行で、メル友から気軽に交流を始める人が増えています。今や全ての人が持っていると言っても過言ではない携帯電話。特にスマートフォンでいつでもどこでもインターネットを使えるようになったので、ネット上で出会いを求める男女は年々増加し、幅広い年齢層の異性と出会えるようになりました。
ネットで出会いを求める人が増加した理由は、何と言っても手軽さです。スマホひとつで相手を探すことが出来るので、講義中の暇な大学生から、専業主婦まで、たくさんの方が利用しています。直接の出会いを求める人ばかりではなく、中にはメル友を募集している人や、飲み友達や電話で話せる人の募集などなど、使い方も人それぞれです。ひとつのサイトで恋人から友達まで探せるので、人脈作りも捗りそうです。
様々な人と出会える環境ではありますが、ネットで出会った人と直接会うことに抵抗を感じる女性も多いです。ネットでの出会いの基本はまずメル友から始めることです。まずはメールを重ねて、お互いのことをある程度理解し、信頼関係を築いてから出会うほうが安心感があり、出会える可能性も高いです。メールを始めた直後にしつこく会うことを求めるのはマナー違反と捉えられる可能性があるので控えたほうが良いでしょう。暇なときに話せる気軽なメル友や、恋愛を前提としたメル友などたくさんの人と繋がってみることも出会い系サイトの醍醐味ですね。

出会い系サイトにしろ、婚活サイトにしろ、まずは気になる女性とメル友になる必要があります。
ただ、こういったサイトは女性よりも圧倒的に多くの男性が登録しているため、気になる女性がいたとしても、自分以外に沢山の人がアプローチをかけていることになります。
気になるな、と感じたということは、きっと魅力的な女性なのでしょう。
人気のある女性は、沢山来るメールの全てに返信することはできないので、良いな、と思えた限られた人にだけ返信することになります。
つまり、一通目に送るメールでいかに「返信してみようかな」と思ってもらえるかが大切なんです。
まず、よくやってしまいがちなのが「メルマガかな?」と思うくらい不特定多数の人に向けて書かれたような内容のメールです。
はじめまして、の挨拶から始まり、当たり障りのないことばかり書いていたら数あるメールの中で印象を残すばかりか、
「この人は色んな人に同じ内容のメールを送っているんだろうな」と不信感さえ抱かれてしまいます。
出会い系サイトや婚活サイトで気になる女性にメールをする場合、まず工夫したいのがメールのタイトルです。
もしその女性が動物好きなら「僕も犬を2匹飼っています」でも良いですし、とにかくその女性の自己紹介を読み込んでいることがわかるようなタイトルが良いでしょう。
また、メールの本文には必ずその女性の名前を本文に2回以上入れるようにしましょう。
これはメールに限らず、仕事などにも言えることですが、人というのは自分の名前を呼ばれると、その相手に対して親近感を覚えやすい傾向があるんです。
そして、大切なのはメールの最後にはかならず質問文を入れましょう。
「おすすめのドッグカフェを教えてくれませんか?」などでも良いですね。
自分の言いたいことだけ言って終わり、では、女性も返事をしようにも何と返して良いかわかりません。
最後が質問で終わっていれば、自然と返事もしやすいですよね。

口付けする男女

本気で結婚したいなら

本気で結婚相手を探している方は、出会い系よりも婚活サイトを使うべきでしょう。結婚に特化したものなので様々なメリットがあります。もちろんスマホで使えるので、今後の婚活の中心になりそうです。

抱き合うカップル

安全な利用のために

出会い系は危険というイメージを抱く方は少なくありません。一部では悪質な事件に出会い系が利用されることもありますが、実はサイトの安全対策は万全です。全てはユーザー次第なので、適切な利用方法を知っておく必要があります。